ご挨拶

循環器科では心血管疾患の内科的治療、外科的治療を実施しております。 また、最近では血管奇形(門脈体循環シャント)の症例も数多く実施するようになりました。

診療内容
  • 心電図、胸部X線、心エコー、心カテーテル検査(DSA)による診断
  • 他院で心臓病と診断された症例のセカンドオピニオン
  • 治療法に関するインフォームドコンセント(内科的治療法と外科的治療法のそれぞれのメリット、デメリット)
  • 薬はかかりつけの獣医さんでもらい、定期的なチェックのみ当院でというのも歓迎します

「循環器科」診療スタッフ

治療内容
  • 各種先天性心疾患の外科的治療(動脈管開存症、肺動脈狭窄症など)
  • インターベンション法による低侵襲的な治療法(動脈管開存症、心室中隔欠損症、肺動脈狭窄症など)
  • 各種心疾患に対する内科的治療
  • 不整脈疾患の治療(ペースメーカー植え込みも含む)
  • 門脈体循環シャントに対する外科的治療
  • 胸腔疾患(気胸、乳糜胸、胸水、横隔膜ヘルニア)の治療
循環器科主要設備
  • 動物用人工心肺装置
  • 外科用デジタルX線透視装置(DSA)
  • デジタル心臓超音波診断装置(心エコー)
  • 経食道プローブエコー
  • 心電・心音図
  • ホルター心電図
  • デジタルX線画像診断システム(CR)
  • 医用画像ファイリングシステム(PACS)
  • CTスキャン
  • 血液ガス分析装置
  • 血圧計
スタッフ

准教授 田中 綾(外科専門医)
准教授 福島 隆治(循環器認定医)
レジデント 上村暁子
博士研究員 Derma Aytemyz
博士研究員 許懐哲
博士研究員 浜部 理奈
大学院生 金 修敏
大学院生 中田マリ
大学院生 合屋征二郎
大学院生 河口貴恵
大学院生 山田修作
大学院生 Pinkarn Chantawang
大学院生 田中隆志
大学院生 島田香寿美
大学院生 松浦功泰
その他研修医、学部学生


主な症例報告
  1. Nakata M, Tanaka R, Hamabe L, Yoshiyuki R, Soomin K, Suzuki S, Aytemiz D, Hsu HC, Shimizu M, Fukushima R: Transarterial coil embolization to occlude an abdominal aortocaval fistula in a dog. J Vet Intern Med 2014, in press.
  2. Fukushima R, Yoshiyuki R, Machida N, Matsumoto H, Kim S, Hamabe L, Huai-Che H, Fukayama T, Suzuki S, Aytemiz D et al: Extreme Tetralogy of Fallot in a Dog. J Vet Med Sci 2013.
  3. 田中綾: 心疾患患者における血圧評価法. 動物臨床医学 2012, 21(4):143-146.
  4. 小林正行, 北見友香里, 山本慎也, 中尾周, 渡辺貴之, 星克一郎, 福島隆治, 田中綾 & 町田登 (2012) 外科療法を施した肝外型門脈体循環シャント罹患犬55例の臨床と病理. 動物臨床医学 21, 157-164
  5. NAKAO, S., TANAKA, R., HAMABE, L., SUZUKI, S., HSU, H. C., FUKUSHIMA, R. & MACHIDA, N. (2011) Cor triatriatum sinister with incomplete atrioventricular septal defect in a cat. J Feline Med Surg 13, 463-466
  6. FUKUSHIMA, R., TANAKA, R., SUZUKI, S., HAMABE, R., MACHIDA, N., NAKAO, S., SAIDA, Y., TAKASHIMA, K., MATSUMOTO, H., KOYAMA, H., HIROSE, H. & YAMANE, Y. (2011) Epidemiological and morphological studies of double-chambered right ventricle in dogs. J Vet Med Sci 73, 1287-1293
  7. 飯野泰子, 福島隆治, 曽田藍子 & 田中綾 (2010) プロスタサイクリン製剤が著効した、乳糜胸を伴う肺高血圧の猫の一例. 動物臨床医学 19, 51-56
  8. 福島隆治, 田中綾, 浜部理奈, 鈴木周二, 才田祐人, 末松正弘, 末松弘影, 高橋雅弘, 町田登 & 山根義久 (2010) 収縮不全病態の猫に対するピモベンダンの臨床効果. 動物臨床医学 19, 1-7
  9. 佐々木紀之, 福島隆治, 鈴木周二 & 田中綾 (2010) 犬の動脈管開存症におけるコイルオクルージョンの術中評価に経食道心エコーを用いた1例. 動物臨床医学 18, 115-119
  10. TANAKA, R., SHIMIZU, M., HOSHI, K., SODA, A., SAIDA, Y., TAKASHIMA, K. & YAMANE, Y. (2009) Efficacy of open patch-grafting under cardiopulmonary bypass for pulmonic stenosis in small dogs. Aust Vet J 87, 88-93
  11. SODA, A., TANAKA, R., SAIDA, Y. & YAMANE, Y. (2009) Successful surgical correction of supravalvular pulmonary stenosis under beating heart using a cardiopulmonary bypass system in a dog. J Vet Med Sci 71, 203-206
  12. 曽田藍子, 田中綾, 福島隆治, 才田祐人 & 山根義久 (2008) 心拍動下体外循環により狭窄物切除を行った弁上部肺動脈狭窄症の犬の2治験例. 動物臨床医学 17, 71-76
  13. 石川泰輔, 田中綾, 才田祐人, 曽田藍子, 原田高志, 星克一郎, 清水美希, 望月学 & 山根義久 (2007) 部分内蔵逆位、肝部後大静脈欠損および奇静脈連結を伴う静脈管開存症の犬の1例. 動物の循環器 40, 28-34
  14. TANAKA, R., SODA, A., SAIDA, Y., SUGIHARA, K., TAKASHIMA, K., SHIBAZAKI, A. & YAMANE, Y. (2007) Evaluation of the efficacy and safety of coil occlusion for patent ductus arteriosus in dogs. J Vet Med Sci 69, 857-859
  15. SAIDA, Y., TANAKA, R., HAYAMA, T., SODA, A. & YAMANE, Y. (2007) Surgical correction of pulmonic stenosis using transventricular pulmonic dilation valvuloplasty (brock) in a dog. J Vet Med Sci 69, 437-439
  16. 才田祐人, 田中綾, 山根義久, 鈴木一由, 丸山理恵, 鯉江洋, 松本力 & 浅野隆司 (2006) 僧帽弁閉鎖不全症犬におけるvertebral heart size (VHS)と超音波パラメーターとの相関性. 動物の循環器 39, 55-63
  17. TANAKA, R., SHIMIZU, M., HIRAO, H., KOBAYASHI, M., NAGASHIMA, Y., MACHIDA, N. & YAMANE, Y. (2006) Surgical management of a double-chambered right ventricle and chylothorax in a Labrador retriever. J Small Anim Pract 47, 405-408
  18. SHIMIZU, M., TANAKA, R., HOSHI, K., HIRAO, H., KOBAYASHI, M., SHIMAMURA, S. & YAMANE, Y. (2006) Surgical correction of ventricular septal defect with aortic regurgitation in a dog. Aust Vet J 84, 117-121
  19. SHIMAMURA, S., KUTSUNA, H., SHIMIZU, M., KOBAYASHI, M., HIRAO, H., TANAKA, R., TAKASHIMA, K., MACHIDA, N. & YAMANE, Y. (2006) Comparison of right atrium incision and right ventricular outflow incision for surgical repair of membranous ventricular septal defect using cardiopulmonary bypass in dogs. Vet Surg 35, 382-387
  20. 島村俊介, 羽山庸道, 町田登, 田中綾 & 山根義久 (2005) 若齢犬にみられた双方性短絡を示した動脈管開存症の1観察例. 動物の循環器 38, 73-76
  21. 小林正行, 星克一郎, 平尾秀博, 清水美希, 島村俊介, 田中綾 & 山根義久 (2005) 犬の僧帽弁閉鎖不全症による慢性心不全に対するβ遮断薬(メトプロロール)の有効性の検討. 動物臨床医学 14, 51-57
  22. SHIMIZU, M., TANAKA, R., HIRAO, H., KOBAYASHI, M., SHIMAMURA, S., MARUO, K. & YAMANE, Y. (2005) Percutaneous transcatheter coil embolization of a ventricular septal defect in a dog. J Am Vet Med Assoc 226, 69-72, 52-63
  23. SHIMAMURA, S., SHIMIZU, M., KOBAYASHI, M., HIRAO, H., TANAKA, R. & YAMANE, Y. (2005) Megaesophagus was complicated with Billroth I gastroduodenostomy in a cat. J Vet Med Sci 67, 935-937
  24. AKIYAMA, M., TANAKA, R., MARUO, K. & YAMANE, Y. (2005) Surgical correction of a partial atrioventricular septal defect with a ventricular septal defect in a dog. J Am Anim Hosp Assoc 41, 137-143
  25. 馬橋幸人, 上野芳樹, 島村俊介, 清水美希, 小林正行, 平尾秀博, 田中綾, 丸尾幸嗣, 町田登 & 山根義久 (2004) 甲状腺癌摘出後、血中チロキシン、カルシウム値をコントロールできた犬の1例. 動物臨床医学 13, 71-75
  26. 曽田藍子, 田中綾, 町田登 & 山根義久 (2004) 慢性的な腹水貯留を認めた僧帽弁閉鎖不全症および心房中隔欠損症罹患犬の1例. 動物の循環器 37, 68-74
  27. 小冷恵子, 石川勇一, 田中あかね, 松田浩珍, 田中綾, 山根義久 & 丸尾幸嗣 (2004) 猫の悪性乳腺腫瘍18例における予後因子の分析. 日本比較臨床医学会誌 12, 61-66
  28. MACHIDA, N., TANAKA, R., TAKEMURA, N., FUJII, Y., UENO, A. & MITSUMORI, K. (2004) Development of Pericardial Mesothelioma in Golden Retrievers with a Long-term History of Idiopathic Haemorrhagic Pericardial Effusion. J Comp Pathol 131, 166-175
  29. HIRAO, H., HOSHI, K., KOBAYASHI, M., SHIMIZU, M., SHIMAMURA, S., TANAKA, R., MACHIDA, N., MARUO, K. & YAMANE, Y. (2004) Surgical correction of subvalvular aortic stenosis using cardiopulmonary bypass in a dog. J Vet Med Sci 66, 559-562
  30. 田中綾, 平尾秀博, 清水美希, 小林正行, 島村俊介, 町田登, 丸尾幸嗣 & 山根義久 (2003) PDAコイルオクルージョンが実施できず開胸下での結紮術を実施した犬の2例. 動物の循環器 36, 27-35
  31. 清水美希, 田中綾, 星克一郎, 平尾秀博, 小林正行, 丸尾幸嗣, 桐原信之 & 山根義久 (2003) 僧帽弁閉鎖不全症に併発した左心房破裂に外科的修復術を行った犬の1例. 動物臨床医学 12, 105-108
  32. 清水美希, 田中綾, 星克一郎, 平尾秀博, 小林正行, 丸尾幸嗣, 岩崎利郎, 町田登 & 山根義久 (2003) 犬の特発性腸リンパ管拡張症の2例. 動物臨床医学 12, 13-17
  33. 島村俊介, 高島一昭, 星克一郎, 平尾秀博, 小林正行, 清水美希, 秋山緑, 田中綾, 丸尾幸嗣 & 山根義久 (2003) 大動脈弁下部狭窄の線維輪上に認められた嚢状物により心室中隔の欠損症の短絡の消失がみられた犬の1例. 動物臨床医学 12, 161-165
  34. 小林正行, 星克一郎, 平尾秀博, 清水美希, 島村俊介, 秋山緑, 田中綾, 丸尾幸嗣 & 山根義久 (2003) β遮断薬(メトプロロール)の投与で長期観察を行った僧帽弁閉鎖不全症の犬の1例. 動物臨床医学 12, 151-156
  35. TANAKA, R., HOSHI, K., SHIMIZU, M., HIRAO, H., AKIYAMA, M., KOBAYASHI, M., MACHIDA, N., MARUO, K. & YAMANE, Y. (2003) Surgical correction of cor triatriatum dexter in a dog under extracorporeal circulation. J Small Anim Pract 44, 370-373
  36. KOBAYASHI, M., HOSHI, K., HIRAO, H., SHIMIZU, M., SHIMAMURA, S., AKIYAMA, M., TANAKA, R., MARUO, K. & YAMANE, Y. (2003) Implantation of permanent transvenous endocardial pacemaker in a dog with atrioventricular block. J Vet Med Sci 65, 1131-1134
  37. 清水美希, 田中綾, 丸尾幸嗣, 山根義久, 桐原信之 & 町田登 (2002) 全身的転移がみられた犬の心底部大動脈小体腫瘍の1例. 動物の循環器 35, 113-118
  38. 清水美希, 永島由紀子, 星克一郎, 平尾秀博, 小林正行, 田中綾, 丸尾幸嗣 & 山根義久 (2002) 人工心肺装置による体外循環下開心術によって根治した犬の右室二腔症の1例. 動物臨床医学 11, 137-142
  39. 星克一郎, 永島由紀子, 平尾秀博, 小林正行, 清水美希, 秋山緑, 田中綾, 丸尾幸嗣 & 山根義久 (2002) 心室中隔欠損症の開心術後に第二度房室ブロックが消失した犬の1治験例. 動物臨床医学 11, 93-97
  40. 小林正行, 町田登, 星克一郎, 平尾秀博, 清水美希, 島村俊介, 秋山緑, 田中綾, 丸尾幸嗣 & 山根義久 (2002) 経皮的バルーン拡張術を行った大動脈弁下狭窄症の犬の2例. 動物の循環器 35, 58-69
  41. MITSUOKA, K., TANAKA, R., NAGASHIMA, Y., HOSHI, K., MATSUMOTO, H. & YAMANE, Y. (2002) Omental herniation through the esophageal hiatus in a cat. J Vet Med Sci 64, 1157-1159
  42. FURUKAWA, S., NAGASHIMA, Y., HOSHI, K., HIRAO, H., TANAKA, R., MARUO, K. & YAMANE, Y. (2002) Effects of dopamine infusion on cardiac and renal blood flows in dogs. J Vet Med Sci 64, 41-44.
  43. 星克一郎, 田中綾, 永島由紀子, 佐藤秀樹, 屋敷澄子, 柴崎哲 & 山根義久 (2001) 心膜横隔膜ヘルニアの犬の1治験例. 日本獣医師会雑誌 54, 693-696
  44. 星克一郎, 柴崎哲, 田中綾, 豊田佐代子 & 山根義久 (2001) 食道部分切除を実施した犬の右大動脈弓遺残症の1治験例. 日本獣医師会雑誌 54, 383-386
  45. 岡野篤, 丸尾幸嗣, 紺野克彦, 町田登, 田中綾 & 山根義久 (2001) 不完全腸閉塞を起こした猫の空腸腺癌の1症例. 獣医麻酔外科誌 32, 75-78
  46. TANAKA, R., NAGASHIMA, Y., HOSHI, K. & YAMANE, Y. (2001) Supplemental embolization coil implantation for closure of patent ductus arteriosus in a beagle dog. J Vet Med Sci 63, 557-559.
  47. TANAKA, R., HOSHI, K. & YAMANE, Y. (2001) Partial bladder resection n a bitch with urinary retention following surgical excision of a vaginal leiomyoma. J Small Anim Pract 42, 301-303
  48. TANAKA, R., HOSHI, K., NAGASHIMA, Y., FUJII, Y. & YAMANE, Y. (2001) Detachable coils for occlusion of patent ductus arteriosus in 2 dogs. Vet Surg 30, 580-584.
  49. 田中綾, 星克一郎, 永島由紀子 & 山根義久 (2000) 犬の動脈管開存症(PDA)に対するインターベンション. 動物の循環器 33, 75-81
  50. 柴崎哲, 高島一昭, 田中綾, 永島由紀子, 星克一郎 & 山根義久 (2000) 中心冷却体外循環下開心術により流出路拡大形成術を実施した小型犬の肺動脈狭窄症の2治験例. 動物臨床医学 9, 105-109
  51. SHIROSHITA, Y., TANAKA, R., SHIBAZAKI, A. & YAMANE, Y. (2000) Retrospective study of clinical complications occurring after arterial punctures in 111 dogs. Vet Rec 146, 16-19
  52. NAGASHIMA, Y., HOSHI, K., TANAKA, R., SHIBAZAKI, A., FUJIWARA, K., KONNO, K., MACHIDA, N. & YAMANE, Y. (2000) Ovarian and retroperitoneal teratomas in a dog. J Vet Med Sci 62, 793-795.
  53. 田中綾, 永島由紀子, 星克一郎, 柴崎哲 & 山根義久 (1999) デタッチャブルコイルを用いた犬の動脈管開存症の1治験例. 動物臨床医学 8, 29-34
  54. 柴崎哲, 高島一昭, 田中綾, 星克一郎 & 山根義久 (1999) 体外循環下開心術において右室流出路拡大形成術を実施した犬の肺動脈弁狭窄症の1治験例. 日獣会誌 52, 707-710
  55. SHIROSHITA, Y., TANAKA, R., SHIBAZAKI, A. & YAMANE, Y. (1999) Accuracy of a portable blood gas analyzer incorporating optodes for canine blood. J Vet Intern Med 13, 597-600
  56. 菅井龍, 菅井純子, 北島裕子, 田中綾, 柴?哲, 城下幸仁, 鈴木馨, 丸尾幸嗣 & 山根義久 (1997) ハスキー犬の血管肉腫に併発した心タンポナーデの1症例. 動物臨床医学 5, 21-27
  57. 廣田尚享, 柴崎哲, 田中綾, 増田裕子, 小口洋子, 高島一昭, 山根久恵, 三宅ゆかり, 山本滋, 長澤裕, 片岡智徳, 久野由博, 政田早苗, 坂井尚子 & 山根義久 (1997) 猫の骨盤狭窄に対し骨盤腔拡張プレートを使用した3症例. 動物臨床医学 6, 33-37
  58. 城下幸仁, 山根義久, 廣田尚享, 白井由美子, 籠瀬純, 清水美希, 田中綾, 藤沢史子, 鈴木馨 & 丸尾幸嗣 (1996) 鎮静下および全身麻酔下における正常犬の動脈血と後大静脈血間の血液ガス値の比較検討. 動物臨床医学 5, 13-18