ご挨拶
 
 

犬近年、ペットが長寿化の時代を迎えるなかで、ヒトと同様に腫瘍性疾患の発生が急速に増加しています。腫瘍性疾患のうちでも悪性腫瘍、いわゆる「ガン」は、最終的に生体を死に至らしめる非常にやっかいな病気です。長年、家族の一員として暮らしてきたペットがこのような腫瘍性疾患を患ったとき、飼い主様がより専門的な治療を希望されるのは当然のことでしょう。腫瘍科は、それらのニーズに応えるべく新設された診療科で、ペットに発生する腫瘍性疾患の診断・治療を担当しています。細胞・組織診断ならびに画像診断を駆使して腫瘍性疾患の病態を正確に把握し、外科療法および化学療法を中心とした専門治療を提供します。また、動物に対してより負担の少ない治療法として癌免疫療法も実施しております。しかしながら残念なことに、現在の獣医療技術を駆使しても完治可能な悪性腫瘍の数は限られていると言わざるをえません。そのような場合でも、飼い主様の立場にたって動物に与える苦痛が少ない最善の治療を提供できるよう心がけています。

 

「腫瘍科」診療スタッフ